柔道整復師の未来を創る【一般社団法人 全国柔道整復師連合会】

『柔道整復師連携フォーラム』開催


平成26年11月23日(日)に大阪中央区の難波御堂筋ホールにおいて当会主催により『柔道整復師連携フォーラム』が開催されました。



このフォーラムでは、公益社団法人日本柔道整復師会との協働による国政や関係省庁への働きかけ、その成果を全国に広く知って頂くことを目的とし、公益社団法人日本柔道整復師会工藤鉄男会長をお招きしての基調講演及び日整と当会の代表者によるパネルディスカッションが行われました。



 

公益社団法人日本柔道整復師会(日整)・工藤鉄男会長、公益社団法人日本柔道整復師会(日整)・豊嶋良一総務部長、公益社団法人大阪府柔道整復師会・安田剛会長、一般社団法人全国柔道整復師連合会・田中威勢夫会長がパネリストとして参加。尚、コーディネーターは道友協会・田畑興介会長が務め、520名の柔道整復師団体会員や個人請求者の参加がありました。

開会挨拶で当会田中会長は、業界がひとつになることの重要性について語り、「国政における業界の問題点について」と題したパネルディスカッションでは、「柔道整復師は不正が多いと言われている中、制度の不備と不正請求の区別がつかない保険者が多い。この状況の中で、我々に必要なことは正しい診断、正しい治療、正しい保険請求をすることであり、それをしなければ厚生労働省との交渉も進まない。」との意見を述べました。
また、日整との協働に関して、今回のフォーラムのような機会を1回で終わらせず、2回、3回と続けていきたいと語りました。


次回開催の問い合わせも多数来ております。


| 2014年11月27日 15:08:53 | 活動報告 |


1 |