柔道整復師の未来を創る【一般社団法人 全国柔道整復師連合会】

第4回柔道整復療養費検討専門委員会開催

療養費の改定について議論する専門委員会の開催が決定いたしました。
業界を代表して出席させていただく専門委員として、しっかりと頑張ってまいります。

■第4回柔道整復療養費検討専門委員会
日時:平成28年3月29日(火)14:00〜15:30
場所:全国都市会館 大ホール(2階)
■第4回あん摩マッサージ指圧師、はり・きゅう療養費検討専門委員会
日時:平成28年3月29日(火)15:40〜16:40
場所:全国都市会館 大ホール(2階)
■第1回治療用装具療養費検討専門委員会
日時:平成28年3月29日(火)16:50〜17:50
場所:全国都市会館 大ホール(2階)


| 2016年03月24日 13:14:16 | 速報 |


2月29日開催の議員連盟における質問に対する金融庁からの回答

 2月29日(月)に開催された「柔道整復師の業務を考える議員連盟」において、厚生労働省・国土交通省・金融庁に交通事故治療に異議を申し立てた内容について、3月16日に金融庁より
一部回答が出ました。
内容は、損保会社が患者さんに発出している文書に、「打撲、捻挫も医師の同意が必要」といったような記載をしているものがあり、これについて異議を申し立てたものです。
金融庁からは、「一律に医師の同意を要するといった誤解を与えないように損保会社に指導する」旨の回答をいただきました。
今後、誤った損保会社の記載等については改善が見込まれます。
今後も、全整連は患者さんのために柔道整復師の先生方が安心して治療できる環境を作ることに力を入れていきます。


【参考文書】

(問)○○損保会社が発出した文書において、条文の一部の内容のみを記載していることや、医師の同意が必要ともとれるような文章を記載することは問題ではないか。

(回答)今般のご指摘を踏まえ、損害保険会社に対し、文書発出に際しては、事故被害者等に対する施術に当たって一律に医師の同意を要するといった誤解を与えないような記載とするよう指導してまいりたい。


| 2016年03月18日 15:49:56 | 速報 |


1 |