柔道整復師の未来を創る【一般社団法人 全国柔道整復師連合会】

柔道整復師の施術に係る医療扶助の適正な給付について

公益社団法人日本柔道整復師会が要望していた中で、「柔道整復師の施術に係る医療扶助の適正な給付」について厚生労働省社会・援護局より周知徹底をする旨の文章を発出していただきました。

これまで、生活保護法により医療扶助について、施術を希望する患者さんに対して、一律に医療機関へ受診した上でなければ認めない等の指導を行っている福祉事務所がありました。

厚生労働省からは、「平成13年12月13日付 社援保発第58号」において周知していただいていますが、あらためてケースワーカー等に対して周知徹底を図り、適切な取扱いが行われるよう全国主管課長会議にて指導していただきました。

今後も、国民の皆様のために、真面目に治療していただいている柔道整復師の皆様のために、全整連は活動して参ります。




| 2015年03月25日 16:49:22 | お知らせ |


平成27年全国都道府県推薦議員会に出席

3月24日、自民党の「平成27年全国都道府県推薦議員会」に、約30人のメンバーで出席致しました。

 

伊吹文明世話人代表をはじめ、丹羽元厚生大臣、鴨下元環境大臣、田村前厚労大臣などの世話人議員。
また、石破大臣、茂木大臣、野田税調会長、河村元官房長官などの、総勢約150人の推薦議員が集まり、地域包括ケアシステムへの参入や柔道整復師の制度全般についてなど、柔道整復師の将来像について話が行われました。

公益社団法人日本柔道整復師会(以下、日整)と、私たち一般社団法人全国柔道整復師連合会(以下、全整連)から提出した要望書についても、既に進めていただき、また解決していただいた問題もありました。

その後、47都道府県の社団法人の会長を代表して、日整の工藤会長がご挨拶され、柔道整復師の厳しい現状についてお話されました。
話の途中、業界の適正化に向けて全整連と協力して活動している旨をご説明いただき、全整連の出席メンバーの紹介もしていただきました。
これまでの歴史の中で、公の場で日整と全整連が業界の為に協力して歩んでいくと発表されたことはありませんでした。工藤会長には感謝申し上げると共に、柔道整復師の未来に向けて、私たち全整連も身の引き締まる思いでした。

今後も国民の皆様のために、日整と協力して活動してまいりますので、応援を宜しくお願い申し上げます。



| 2015年03月25日 16:43:13 | 活動報告 |


1 |